出産祝いの喜びギフトは相手の好みも考慮して

心ばかりのものでよいので、何か気持ちを表せることができるお品を贈りたい、という時があります。

高額すぎるのも場にそぐわないですし、先様の好みにあったものを選びたいものです。加減が難しいものではありますが、ほんの気持ちだけという日本人の考え方にあった商品がたくさんありますから、TPOをよく考えて選びましょう。

最近では、平均的な金額はそれほど高額ではないものの、今まであまりギフトに関心がなかった人も「あの人に贈ってみようかな」と考えるようになったようです。

ギフトの機会はいろいろありますが、おめでたいことの代表格といえば出産です。近しい人や、職場の同僚の出産祝いは、選んでいるこちらも楽しいものがあります。

生まれたばかりの赤ちゃんへのギフトは、新ママさんの身内の方がほとんどそろえてしまうかもしれません。また、出産前から夫婦であれこれと選んでいるかもしれませんし、このようなものは好みが反映されるものですから選ぶのも慎重にしたいものです。

赤ちゃんへのギフトを考えるなら、何か欲しいものがないか直接訊いてみるのが一番です。欲しいとは思いながらも手が出せないものや、出産直後でなくてもいずれ購入したいものを、時期をずらしてプレゼントするのもよいでしょう。

さらに、赤ちゃんはすぐに大きくなり、生後6か月までのもの、6か月以降のものと、サイズや使う道具が変わってきますから、生後6か月をメドに買い替えの時期に役立ててもらえるようなものをギフトに選ぶ、という方法もあります。

お中元についてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です