せっかくお歳暮を贈ってもマナーを知らないとだめです

普段お世話になっている相手へ、お返しと感謝の気持ちを込めて贈るのがお歳暮です。

基本的に一回限りのものではなく、継続して贈るものですから、一回目に贈る場合は特に大切です。相手はどんなものをよこしてきたかという事以上に社会人として当たり前のマナーを備えているかを冷静に見ています。

もらった側の立場で考えれば、どんなにいいものをもらっても礼儀にかけていては良い気持ちがしないのは当然ではないでしょうか。特に結婚相手の実家や、職場の上司などの自分にとって重要な目上の人間にはなおさらです。

まずお歳暮の時期ですが、平均的には七月の上旬から十五日までに相手の方に届くようにするのが今は一般的になっています。関西や九州ではそれよりも遅い地域もありますが、全体的に早まっている傾向にあります。

念のために相手の住んでいる地域はどうなのか調べておいた方がいいでしょう。古くからその地域で生活している人ほど、その地域のルールや文化を守ることを大切にしています。

お歳暮に選ぶギフトですが、デパートや百貨店のお歳暮ギフトコーナーにあらかじめ適した商品がピックアップされていますから、予算の範囲内で選びましょう。基本的にはどのようなものでもいいですが、好みを知っているならそれに合わせると喜ばれます。

目上の人に贈る場合はいくら親しくても訳あり品をセレクトするのは、それが手を出せないレベルの高級品でも不快にさせる恐れがありますから、避けた方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です