医療脱毛ができない部位はあるのか

医療脱毛は美容クリニックや美容外科などで行われるレーザーを使用して脱毛ですが、レーザーの威力が強いために施術時間が短く脱毛が終了する時間もエステサロンなどのフラッシュ脱毛に比べても短いために、短期間でムダ毛の処理を終わらせたい人におすすめです。一昔前までは処理できない部位も多いとされていましたが、現在では脱毛技術が進みあらゆるところの部位でも施術が可能になってきたと言えます。

YOMIURI ONLINE情報に対応した情報サイトです。

では、医療脱毛でも施術ができない部位はまったくないのでしょうか。実は、医療脱毛でも施術が行えない部位というのは存在します。



たとえば、乳輪やホクロなどの比較的ほかの肌に比べて色素が濃い部分の部位にはやけどをする恐れがあるので施術ができないことになっています。
また、Iラインの粘膜部分にもレーザーはあてられないとされており、同じく鼻の粘膜も施術が難しい部位となっています。
その他には、目の周辺というのも基本的に施術が行えないことになっています。



粘膜部分でないのなら大丈夫ではとは思われがちですが、レーザー光が目の当たることで失明してしまう恐れもあるため基本的には目の周辺も施術が行えないことになっていますが、眉毛やおでこなどを施術をする場合には目隠しをして行うので心配ないとされています。

このように、部位によっては施術ができないところもありますので、初めて医療脱毛を受ける際には脱毛できない部位はどこなのかをあらかじめ確認してから施術を受けるようにするのが望ましいと言えるでしょう。